研究について

ISEE

Hydroclimatology Lab

研究手法

データ解析、 フィールド観測、ラボ実験、そして数値シミュレーションなどの研究手法を組み合わせ、北極域における温暖化の実態把握、大気-陸面間でおこる水循環過程の解明、アジア域における雲・降水活動の変動機構の解明、気候変化にともなう植生変化の予測、南極大陸における温暖化影響の検出など多彩な研究に取り組んでいます。

シベリア 観測タワー

熱帯域から極域にいたる複数の観測サイトで降水、大気中の水蒸気量、蒸発散、土壌水分、温室効果ガスの観測を行い、人間活動が水循環・物質循環に及ぼす影響を評価するとともに、地球温暖化による気候変化が地球表層の水循環・物質循環にどのような影響を及ぼすのかを明らかにする研究に取り組んでいます。

特に、気候変動が植生や地表面状態をどのように変化させ、その結果、水循環や物質循環がどのように応答するのか解明しようとしています。

研究対象

私たちの研究フィールドは熱帯域から極域まで世界各地に及びます。

モンゴルにて湧水調査・年代測定(檜山教授の研究)
南極内陸域における降雪・積雪調査(栗田准教授の研究)
ヒマラヤ観測サイト(藤波講師の研究)

地域スケールから地球規模までのマルチスケールな水・物質循環に興味のある方、北極・寒冷圏、アジア各地、アフリカ、南極大陸といった世界各地のフィールドで行っている観測に参加したい方を私たちは大歓迎します。